グランドハイエースの評判

グランドハイエースの評判

グランドハイエースについて、いろいろ口コミを見てみました。

グランドハイエースの良い点は、
ミニバン界の"クラウン" とも言うべき、内装が大変豪華な
事。応接室並み豪華シートのようです。
特にセカンドシートの居住性が優れており、座席を巡って
家族で喧嘩になるほどのようです。
静粛性にも優れているようです。
3列シートと高い居住性なので旅行やキャンプなどアウトドア
派の人の評価が高いです。
グランドハイエースのエクステリアも、押しが強くゴージャス
なフロントマスクが気に入っている人が多いです。
中には、試乗もせずネットで即決で購入した人までいるほど、
惹きつけるものがあるのではないでしょうか。
最低地上高がかなりあるので悪路の走行性を評価する人も
います。
車高が高く見晴らしが良いのも気分がいいそうです。

グランドハイエースの悪い点は、
車体が大きすぎて街中での取り回しが大変なようです。
車重も重たく、高速道路での登坂走行が厳しいようです。
ボディ剛性、サスペンションが弱く、峠道の急カーブでの
ロールが激しいようです。
家族連れの場合、車酔いになってしまう場合もありますね。
キャブオーバー車の宿命ですがやはりメンテナンス性が
悪いようです。自分で日常整備するひとは大変なようです。
車体が大きく、重量が重たいので、タイヤやブレーキパッド
の消耗が激しいという指摘もあります。

グランドハイエースの購入ノウハウ


グランドハイエースの購入についてですが、グランドハイエースは
既に生産が中止になっています。
今からグランドハイエースを購入する場合は中古車での購入
となります。

中古車は個人の中古車ショップから、有名中古車チェーン、
ディーラー系中古車ショップと様々あります。
アフターサービス、修理保証については、各中古車ショップに
より異なります。

グランドハイエースを購入するのでお勧めは、ディーラー系の
中古車ショップです。
グランドハイエースはトヨタなので、トヨタのディーラーの
トヨタのU-Car(中古車)のお店なら、全国約1,700店舗の
ネットワークから中古車を見つけることができます。
また、全国5,000カ所のサービスネットワークがあるので、
万一のトラブル時も安心!
トヨタのお店で(中古車)を購入すると、1年間無料のロング
ラン保証がついてきます(走行距離無制限)。また、追加料金で
保証期間を最長3年延長までできるロングラン保証αもあります。
トヨタの中古車在庫検索はGazoo UVISのサイトで出来ます。

グランドハイエース特装車

グランドハイエースには特装車がいろいろあります。
救急車、消防関係、報道関係などの特殊用途に使われます。
その為、個人で接する機会は少ないです。

もうひとつ、グランドハイエースの特装車でよく見かけるのは
キャンピングカーです。

キャンピングカーにはいろいろなタイプがありますが、キャン
ピングカーには大きく分けて自走式とトレーラーがあります。

自走式は、国産ワンボックスベースのバン・コンバージョン、
国産トラックベースのキャブコンバージョン、
ピックアップにシェルを乗せたトラックキャンパー、
アメリカンバンベース、バスベース、など様々なタイプが
あります。

グランドハイエースのキャンピングカーの最上グレードの
写真を見たのですが、運転台の真上までルーフがせり出して
いてロフト調の就寝スペースがあって、キッチン、冷蔵庫は
もちろん、トイレ、洗面所、シャワー室とホテル並みの
設備をもっているものもあります。
これだけの設備になると価格は1千万くらいするのでしょうか。

現在はグランドハイエースは生産中止で、後継のハイエース
200系が主流です。救急車、キャンピングカーなどの
特装車もハイエース200系ベースのものが増えてきています。

グランドハイエースのグレード

グランドハイエースのグレード

グランドハイエースのボディバリエーションは、左右スライド
ドアとテールゲートを持つ5ドアと、右側スライドドアのない
4ドアタイプの2種類です。

グランドハイエースの乗車定員は3列ベンチシートの8人乗り
と、セカンドシートがキャプテンシートになる7人乗りの
2タイプです。
5ナンバーサイズから派生した3列シートミニバンとは違い、
しっかりサードシートが座れることがグランドハイエースの
自慢で、根強い人気を集めていました。

グランドハイエースのエンジンは3.4リッターのV6ガソリン
エンジンと3.0 リッターの直4ディーゼルターボの2種類が
用意されています。

グランドハイエースのトランスミッションも2種類が用意されて
おり、ガソリンエンジンには電子制御フレックスロックアップ
付き4速ATで、ディーゼルエンジンには電子制御4速ATが組み
合わされています。
駆動方式はFRと4WDの2種類です。

グランドハイエースのサスペンションはフロントがダブル
ウイッシュボーン+トーションバー。リアサスペンションが
セミトレーリングアーム+コイルスプリングです。

グランドハイエース全車にABS、フルオートオーバーヘッド
デュアルエアコンを標準装備しています。

グランドハイエースの安全装備はABS、デュアルSRSエアバッグ
に加え、車両安定性制御システムのVSC、2WD車と一部の4WD車
には滑りやすい路面でのタイヤの空転を抑えるTRCなどを
備えています。

また、フォグランプ埋め込み式フロントエアロバンパー、
LEDハイマウントストップランプ埋め込み式リアスポイラー
などのエアロパーツを装着し、専用シート表皮などスポーティ
感あふれる内装としたパッケージオプションの「G エアロ
ストームエディション」もあります。

グランドハイエースとは

グランドハイエースとは

99年8月にグランドハイエースが登場しました。
ハイエースシリーズの最上級モデルとしてトヨペット店で
販売されました。
3ナンバー専用ワンボックス、グランビアのマイナーチェンジ
と同時に発売されました。
トヨペット店では、スポーティーな外観を持つ一回り小さい姉妹車のツーリングハイエースも販売されていました。

従来のハイエースの伝統と信頼を継承しながら、安全性も
考慮したキャブワゴンとして誕生しました。
基本的にはグランビアと同じ車です。

ライバルである日産・エルグランドを強く意識し、また最上級
モデルとして相応しい高級感を出すため、クラウンを思わせる
豪華なグリルやモールを装備していました。
そのためか、見た目の印象はグランビアよりも派手で、押し出し
感もより強いです。
また、6年ぶりに復活したハイエースシリーズのエンブレムが中央に装着されています。

エンジンをフロントにマウントすることでフロア高を低く抑えて
おり、フラットで広い室内となっています。
セカンドシートは最大410mmのスライドのほか、回転対座および
フルリクライニングが可能です。
さらにサードシートも945mmのスライドと、クッションを
折り畳むことにより荷物スペースの拡大が可能です。

アルファードが登場したことで02年に生産が終了となりました。
当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。